FC2ブログテンプレートの配布で、創作意欲を満たしている管理人トシのブログ。

  FC2ブログテンプレート空間のナビゲーター   トップページ > 2008年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者は冷たい…

2008 - 02/29 [Fri] - 03:29

もう年も明けて2ヶ月が経過しようとしていますが、2007年、トシは医者に掛かることが多い年になりました。まず春に過労でぶっ倒れて救急車で運ばれて、夏場に蚊に刺されたあとが化膿して大きな陥没傷となって、なかなか治らないため皮膚科へ行ったのと、歯石を取りに歯科医へ行ったところ、ついでに見つかった虫歯を治療したのと、あと年末に健康診断を受ける機会がありました。

春に倒れた際に、精密検査を受けてますから、二度も健康診断を受けたことになりますね。体は至って健康だそうです。何の異常もありませんでした。やれやれ、医療費のかかった一年でしたね。

そして実は今、心療内科に通っています。昨年の12月に車を運転中、突然、全身の血の気が引いて、手足が痺れて冷や汗がダラダラ出てくるという症状に見舞われたのです。意識が遠のいていく感じがしました。その時は大して気にしなかったのですが、次に車を運転した時に、また同様の症状に襲われたのです。

でも、つい最近、健康診断を受けて健康って言われてるし、何だろう…と思ってネットで調べてみたところ、どうも自律神経の異常から来る症状だと分かったのです。息苦しさもありましたから。具体的には、パニック障害とか、不安障害とかがあります。

発作を起こしたりするほどじゃないんで、比較的、症状は軽いんだと思います。実際、あれこれ調べてるうちに、単に自分で自分を必要以上に窮地に追いやっている(精神的に)だけだと分かったきたので、対処法も分かってきたし、今は落ち着いています。もう病院には行かないかも…。

生まれて初めて心療内科に行きました。きっとあれこれ質問されて、精神的なカウンセリングみたいなことをやるんだろうなと思っていたんですが、全然違いました。とりあえず、息苦しいと言ったところ、注射を打たれて(ラクになりました)、その後、5分程度(一方的に)質問をされて、薬を処方されました。計3回、診察を受けましたが同じでした。機械的な作業だなと感じました。

行った病院が悪かったのかなと思って、同様の症状に苦しんでいる人の意見が知りたかったので、ネットで調べてみたところ、このご時勢、いるいる…、精神的に病んでる人が。病院はどこも似たり寄ったりみたいですね。病名すら告げられてないという意見も随分聞かれました。トシも同じです。

医者なんて、こんなものなのかも知れません。人間を見ると言っても、医者にしてみたら、よくある症状で訪れる人を診察するケースがほとんどだろうし、機械的になるのも無理ないんでしょうね…。

今回は肉体的に健康だと分かっているだけに、精神的な改善を求めて病院に行ったのは初めてだったので、余計に冷たく感じました。自分が強くなるしかないんだと改めて感じましたよ。何か悲しいもんがありますね…。

今年一発目の日記でも書いたんですが、今年は“安心”を手に入れたいですね。何か休まないのが当たり前になってます。自営業者になってからは、休むと不安でしょうがないんですよ。なんかサボってるみたいで…。でも、ちゃんと休んでストレスを発散して仕事に臨む術を身に付けないと、いつか本当に体を壊しちゃいそうですね。

それにしても、日本の病院も経営が苦しいところが多くなってきてるみたいで、医者が冷たいと感じる原因のひとつなのは間違いないでしょうね。機械の修理をするわけじゃないんだから、人間を診察しているという意識だけは、しっかりと持って欲しい気がします。

スポンサーサイト

アクセスカウンターやアクセス解析の隠しリンク

2008 - 02/25 [Mon] - 04:01

2/7付でニュースになってますね。Googleさんが、アクセスカウンターに埋め込まれた隠しリンクはガイドライン違反と認定したようです。隠しリンクがスパム扱いとなる可能性があるという見解は、別に今に始まったことじゃないんですが、Googleが正式に「ダメだよ~ん」と言ってるとなると、サイト運営者としては対応せざるを得ません。

問題となりうるもので代表的なのは、

  • アクセスカウンター
  • アクセス解析

この2つでしょう。多くの方が無料のツールを利用していると思います。トシもそうです。そして無料ツールには、ほぼ確実と言ってもいいぐらい、隠しリンクが埋め込まれてます。このへん意識してない人は、いい機会なので覚えた方が良いと思いますが、無料ツールのソース内には <noscript>~</noscript>というタグが挿入されている場合が(極めて)多いです。

この <noscript>タグというのは、スクリプトが動作しない環境での代替として表示されます。通常は見えません。しかし代替表示ってのは、もはや建前であって、今時スクリプトが動作しない環境でネット閲覧してるような人は、「無理してPC使わなくても、アナログでも生活できるでしょ」ってな、Win95搭載のPCを未だに使い続けているような人か、もしくは特殊な環境を作って、実験やら検証をしているヘビーユーザーか、どちらにしろ、この記事の話題には、あんまり関係ない人達ですね。

問題は隠しリンクをどうするかってことです。まずアクセスカウンター。トシは忍者ツールズのカウンターを利用してるんですが、見事なまでに隠しリンクが2つ埋め込まれてます。貼付ソース発行時にランダムで挿入される宣伝リンクと、忍者ツールズへのリンクの2つです。

トシはこの2つのリンクを見えるように表示してやりました。
こんな感じで↓

忍者 カウンター 

忍者の利用規約の禁止事項を確認したところ、今回の件の該当部分としては、「表示されるべき広告を不正に非表示にする、もしくは広告としての効果を意図的に著しく下げる行為 」がそれに当たると思うんですが、タグの改変が一切禁止とは書いてないし、隠しリンクを表示しちゃダメとは、どこにも書いてないので、今回の処置となりました。

まぁ、これなら文句ないっしょ。むしろ改善されてるし。余計なもんが表示されて、カウンターが若干ブサイクになりましたが、スパム扱いになるよかマシだ。万一、これで規約違反であれば、潔くカウンターを取っ払うか、PHPか何かのレンタル以外のカウンターを設置してもいいし、別になきゃないでサイト運営に支障が出るものではないですからね。

他の会社のアクセスカウンターを利用してる人も、対応を考えた方が良いでしょう。詳しいことは分からないんですが、隠しリンクは埋め込まれてるでしょうからね。タダで利用させる代償として、何もないわけがないです。タダより高いものはないって話ですよ。

で、カウンターなんてものは、別になきゃないで問題ないんで、そういう意味では大した問題じゃないんですが、アクセス解析はないと困ってしまいます。これもまた、無料のツールを利用している方がほとんどでしょう。

トシが登録しているアクセス解析は以下3つです。


  • AccessAnalyzer.com
    非常に使い勝手が良く、有名なアクセス解析で、多くの方が利用されてます。ソース内には <noscript>タグが埋め込まれてます。そういう意味で、安全とは言いがたいです。

  • リサーチアルチザン
    Google AdSense のクリック解析が出来るという点が注目のアクセス解析です。精度はイマイチですが…。ソース内には <noscript>タグと、さらに1ピクセル画像まで埋め込まれてるじゃないですか…。Alt属性は空ですがね。ちょっとデンジャラスですね。

  • Google Analytics
    これは間違いなく安全です。何せGoogleが提供しているアクセス解析ですから。機能的にもNo.1と言って良いと思います。しかし管理画面がバカ重いのと、多機能ゆえの使いづらさがあります。アクセスログの反映が遅いのが最大の欠点。Google特有の、やたらと横文字の多い意味不明な解説にも悩まされます。


もうしょうがないんで、トシは Google Analytics 一本で行くことにしました。多分、隠しリンクが埋め込まれてない無料のアクセス解析はこれだけでしょう。他を知らないんですけどね。無料には無料なりの代償が必ずあると思います。

Googleみたいな怪物企業は、利用者が増えれば、きっとそれでいいんでしょう。利用者のデータ収集だとか、トシみたいな凡人にゃ分からんことをやって、収益に繋げちゃうんでしょうから。

善は急げで、サイト運営者の方は、隠しリンク対策をやっといた方がいいと思いますよ。後々、「あれ?検索結果に表示されない!」なんてことにならないように、やれることはやっておきましょう。

 | HOME |  »

メニュー

カレンダー

01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

カテゴリー

カスタマイズ

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

ブログランキング

☆ご投票お願い致します☆ FC2ブログランキング ブログランキング

相互リンク集

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。